高知のラジコンショップ デイトナセブン


2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
定休日


 
 

充電器の選び方

 

充電器のスペックの中で 「W」と言う表示の意味

 

安い充電器では50Wとか 高価な物で400Wとか表示があります

これ以外にも 最大セル数、最大電流 がありますが

この最大セル数、最大電流の両方が制限以内の使用でも

電流が制限される事があります

例えば2セルで3000mAhのバッテリーを2C充電するのに

MAX6セル、MAX6A、MAX50W と言う充電器を使ったとします

2セルの公称電圧は7.4V

このバッテリーの充電終了電圧は 8.4V

充電のスタート時 7V だったとします

7 x 6 =42W で 50W以内なので正常に6Aを流してくれます

さらに充電が進み 終了電圧の8.4Vに近づくと

50 / 8.4 = 5.95Aまで下がりますが

ほぼ6Aなので 普通に充電出来ます

例えば6セルで5000mAhのバッテリーを充電するのに

MAX6セル、MAX6A、MAX50W と言う充電器を使ったとします

6セルの公称電圧は22.2V

このバッテリーの充電終了電圧は 25.2V

充電のスタート時 22V だったとします

22 x 6 =132W で 50Wを遙かに超える事になり

充電器の設定を6Aにしても6Aを流す能力がありません

50Wから逆算すると 50 / 22 = 約2.27A

と言う事で2.27Aしか流れません

さらに充電が進み 終了電圧の25.2Vに近づくと

50 / 25.2 = 1.98Aまで下がり

その後は定電圧充電の仕様で22.5Vのまま

電流が序々下がって行き 0.1Aまで下がったところで充電が終了します

結果
W数が問題になるケースは主にセル数の多いバッテリーを充電する時に起こる問題で

カー用の2セルなどは殆ど問題にならず MAX電流のまま充電を続ける事が出来ます

また容量の多いバッテリーを充電する場合には 最大電流が問題になります

例えば2セル6000mAhのカー用バッテリーを3C充電したい場合

6 x 3 =18A   8.4 x 18 =151.2W

max 18A 151.2W以上の充電器が必要となります

ページトップへ